講談社 野間記念館 講談社 野間記念館

文字サイズ

展示内容・予定 exhibitions

2019年1月12日(土) ~ 3月3日(日)

四季の彩りと趣き
十二ヶ月図展

小茂田青樹 《十二ヶ月図》

日本は、世界でもまれな季節の移り変わりにみられる彩りや趣きに恵まれた国です。それゆえ「十二ヶ月図」の由来は、遠く平安時代へとさかのぼることができるのかも知れません。
近代日本画家たちもまた、日本の美しい四季の移ろいを捉え、色紙「十二ヶ月図」という舞台で、個性あふれる美の競演を繰り広げました。講談社の初代社長である野間清治と近代日本画家たちの交流が生みだした、およそ500タイトル、計6000枚を超える作品群は、野間コレクションの真骨頂といえるものです。月ごとの暦のごとく日本の美を切り取った「十二ヶ月図」。近代日本画壇で活躍した画家たちを俯瞰するかのように、その秀作、佳作の数々をお楽しみください。

主な展示作品

・北野恒富・川合玉堂・上村松園・鏑木清方・伊東深水・山川秀峰・勝田哲・木村武山
・橋本静水・堂本印象・福田平八郎・中村大三郎 ほか

開 館 :
午前10:00~午後5:00 ※入館は午後4:30まで
休 館 :
展示期間中の月・火曜日(祝休日の場合は水曜日以降に振り替え)2019年1月16日(水)、2月13日(水)、3月4日(月)~3月8日(金)は、休館となります。
料 金 :
一般 500円 | 学生 300円 | 小学生以下無料
割 引 :
20名様から団体割引あり(要・事前連絡) 障害者手帳提示者および同伴者1名様 無料

※展示作家・作品は変更する場合があります。

Page Top