講談社 野間記念館 講談社 野間記念館

文字サイズ

展示内容・予定 exhibitions

2018年5月26日(土) ~ 7月16日(月祝)

近代日本の洋画展

明治維新の激動は、美術界をも巻き込み、まさに時代を見つめた新しい美の追求が模索されました。特に、日本における「洋画」は、油彩・水彩といった画材はもとより、西洋において生まれ培われた技法を学び、その揺籃期を迎えるのです。
明治・大正・昭和にわたり光彩を放った日本の近代洋画壇。そこには、洋の技法と和の感性との対峙、融和の中、新しい洋画を創り出さんとする、溢れんばかりの気概がうかがわれます。
今回の展示では、近代日本の洋画が成立し発展していく歩みの中から、昭和12年(1937)に第一回の文化勲章を受賞した岡田三郎助と藤島武二の二人のほか、中沢弘光、山本森之助、三宅克己らを中心に、真摯な気性を持って描かれた、佳作の数々をご覧いただきます。

主な展示作品

・岡田三郎助《舞子》・藤島武二《日の出》・中川一政《桜島》・林武《海》
・寺内萬治郎《婦人像》・大久保作次郎《熱海の春》
・三宅克己《アムステルダム掘割》・黒田清輝《躑躅》・中村彝《自画像》
・中沢弘光《日の出》《いのり》 ・山本森之助《波》《海に雲》《富士の落日》 ほか

開 館 :
午前10:00~午後5:00 ※入館は午後4:30まで
休 館 :
展示期間中の月・火曜日(祝休日の場合は水曜日以降に振り替え)、2018年7月17日(火)~9月7日(金)は休館となります。
料 金 :
一般 500円 | 学生 300円 | 小学生以下無料
割 引 :
20名様から団体割引あり(要・事前連絡) 障害者手帳提示者および同伴者1名様 無料

※展示作家・作品は変更する場合があります。

Page Top