展示内容・予定


期間竹内栖鳳と京都画壇

風景や自然美を主題とする絵画は、古くより山水画と呼ばれてきました。そのルーツともされる中国の山水画は、遠く飛鳥の時代より絶えず日本に伝来し、その大きな影響のもと、日本の山水画もその歩みを重ねていったのです。
そして明治期、絵画の近代化という大きな波の中で、東洋画の精神と山水画の伝統を受け継ぐ日本画家たちは、写実表現という新たな思想のもと彩色や水墨による存在感のある自然描写へ進み、今日でいう「風景画」にふさわしい道を歩み始めました。
本展では、近代日本画壇の歩みの中で、特に、横山大観をはじめとする日本画家たちが、その真髄に迫り続けた富士の姿を中心に、日本における風景画の創造と制作に精魂を傾けた画家たちの真摯な取り組みに触れていただきます。

近代日本の画家たちが描く歴史画展

●主な展示作品 
・横山大観《暁山雲》《杜鵑》・児玉希望《四季の風景》・山元春挙《貞姿凌雪》・川北霞峰《金閣寺雪景》
・木島桜谷《海畔春色》 ほか
●色紙『富士百趣』を描いた日本画家たち 
・木村武山、中村岳陵、荒井寛方、山口蓬春、伊東深水、吉村忠夫、菊池契月、荒木十畝 ほか

※展示作家・作品は変更する場合があります。

開館時間

次回

期間横山大観 竹内栖鳳 川合玉堂をはじめとする、「近代日本画壇の精鋭たち」展

明治40年(1907)、政府は文部省主催の美術展覧会(文展)を開設、さらに大正8年(1919)帝国美術院主催の美術展覧会(帝展)に改組しました。
これら“官展”に対し、横山大観を中心とする旧日本美術院派は、同3年(1914)日本美術院を再興、本格的な在野運動へと進んでいきました。
ことに、大正から昭和初期にかけては、文、帝展を主舞台とした東京画壇と京都画壇、さらに在野の大観率いる日本美術院とがそれぞれ独特の存在感を示して鼎立しており、近代日本画壇は、さながら百花繚乱の様相を呈していました。
本展示では、まさに、この時期に重なって形成された野間コレクションより、近代日本の絵画革新運動を牽引してきた精鋭たちによる美の光彩を感じていただきます。

近代日本の画家たちが描く歴史画展

●主な展示作品 
・竹内栖鳳《鮮魚》・上村松園《塩汲ノ図》・木村武山《光明皇后》・松岡映丘《池田の宿》
・安田靫彦《春雨》・小林古径《売茶翁》・鏑木清方《五月雨》《夏の旅》
・堂本印象《清亮》・福田平八郎《紅葉遊禽図》・寺崎広業《瀑布》 ほか。

開館時間



  • 野間記念館について
  • 所蔵品
  • 展示内容・予定
  • ご利用案内
  • 交通案内
  • 館内のご案内
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ
  • スタッフブログ