展示内容・予定


期間色紙「十二ヶ月図」の美世界展

近代日本画壇の巨星「横山大観」、華麗で豊かな色彩表現を見せる「木村武山」。ともに草創期の東京美術学校に学び、岡倉天心の薫陶を受けた日本画家です。
明治31年(1898)日本美術院の創設に参加、その後天心が美術院を茨城の五浦に移した際には下村観山、菱田春草とともに移住して創作活動に励んだことは有名であり、二人は奇しくも同じ茨城県出身でもありました。さらに大正3年(1914)、大観と観山が中心となって日本美術院を再興した時には、武山も6人の同人のひとりとなりました。
近代日本美術の歩みの中で光芒を放つ、日本美術院の礎石となった二人。本展示では、野間コレクションの中から、真摯な研鑽の中で生まれた成果の一端をご覧いただきます。

昭和初期 講談社の絵本原画展

●主な展示作家
・横山大観《春雨》《訪友》《松鶴図》《富士・三保図》《霊峰》《千代田城》・木村武山《観音》
《仏画(八幅対)》《桐花鳳》《十二ヶ月図》 ほか

※展示作家・作品は変更する場合があります。

開館時間

次回

期間竹内栖鳳と京都画壇

わが国の豊かな文化の中心として、連綿たる歴史を紡いできた京都。明治以降、新しい日本画の創造を追求していく歩みの中でも、京都画壇は重要な役割を果たしています。
江戸時代以降円山派、四条派などの伝統のもと写生を重んじる京都では、西欧から流入する写実的絵画とその技法への対応が比較的容易で、明治中期以降多くの若手画家たちが頭角をあらわしていきました。
伝統を尊びながら進取の気風を抱き続ける京都の美意識。今回の展示では、東の横山大観に対して、西の栖鳳と称される、京都画壇の巨星、竹内栖鳳とその門下である上村松園、土田麦僊、小野竹喬といった俊英たちの佳作を。さらには、当時栖鳳の好敵手と認められていた山元春挙とその弟子、川村曼舟、梥本一洋らの作品世界をご堪能いただきます。

竹内栖鳳と京都画壇

●主な展示作家
・竹内栖鳳《舞燕》・西山翠嶂《金波玉兎》・榊原紫峰《猫之図》・小野竹喬《龍峡帰舟》
・徳岡神泉《鶉図》・堂本印象《清泉》・福田平八郎《双鶴図》・山元春挙《白樺ノ林》
《霧嶋嶽図》・川村曼舟《東山緑雨》・上村松園《惜春之図》 ほか

※展示作家・作品は変更する場合があります。

開館時間



  • 野間記念館について
  • 所蔵品
  • 展示内容・予定
  • ご利用案内
  • 交通案内
  • 館内のご案内
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ
  • スタッフブログ