展示内容・予定


期間竹内栖鳳と京都画壇

明治初期、文明開化の波に覆われた日本。西欧一辺倒の近代化が進む中、やがてその反動とも言えるように日本の伝統や文化を回顧する機運が高まりを見せたのもまた歴史の必然かもしれません。そのような時代に、日本ならびに東洋の歴史に登場する人物や事件、神話、物語などに取材して描かれた歴史画には、日本人が培ってきた美意識、心情、道徳といった、大和ごころともいえる美が表現されています。 大正末から昭和初期にかけて、娯楽と教養を旨にまさに一世を風靡していた講談社の雑誌でも、多くの歴史画が表紙・口絵に掲載されて、人々に歴史画の美しさを伝えました。
本展示では、近代日本の歴史画家たちの佳作をはじめ雑誌『キング』の口絵や付録の原画類から、当時の時代背景とともに、私たちの魂のルーツとも言える歴史の浪漫に興じていただきます。

近代日本の画家たちが描く歴史画展

●主な展示作家
・平福百穂《駿馬》・松岡映丘《菅公》《紫式部》《鎌倉右大臣》《西行》(四幅対)
・山口蓬春《西行》《芭蕉》《仲麿》《菅公》(四幅対)・蔦谷龍岬《蘇武》
・下村観山《寿老》・野田九浦《スパルタ武士》・中村岳陵《日本武尊》
・池上秀畝《関東大震災》 ほか

※展示作家・作品は変更する場合があります。

開館時間

次回

期間竹内栖鳳と京都画壇

四季が織りなす日本の自然美を捉え、独自の風景画の境地を切り拓いた、川合玉堂。横山大観、竹内栖鳳と並び近代日本画壇を牽引してきた巨匠の一人であり、昭和15年(1940)には文化勲章を受章しています。
玉堂は、明治末から昭和にかけて文展、帝展など官展で活躍しました。玉堂の他にも花鳥画の荒木十畝、美人画の鏑木清方などをはじめとして、多くの東京周辺の画家たちが、官展を舞台に研鑽にはげみました。
そして東京画壇の画家の多くは東京美術学校の卒業生であり、玉堂は大正4年(1915)から昭和13年まで同校で学生の指導にあたりました。
そうした東京画壇の歩みの中でも、特に大きな光彩を放った時期に重なるように形成された、野間コレクション。その中から佳作を厳選、近代日本画の美の潮流、その煌めきに触れていただきます。

近代日本の画家たちが描く歴史画展

●主な展示作家
・川合玉堂《夏山懸瀑》・鏑木清方《五月雨》・松岡映丘《雨》・平福百穂《老松》
・結城素明《秋草》・吉川霊華《鎌倉武士》・荒木十畝《残照》 山口蓬春《四季花鳥》
・山本丘人《十二ヶ月図》・山川秀峰《十二ヶ月図》 ほか

※展示作家・作品は変更する場合があります。

開館時間



  • 野間記念館について
  • 所蔵品
  • 展示内容・予定
  • ご利用案内
  • 交通案内
  • 館内のご案内
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ
  • スタッフブログ